はなこばと

ABOUT花小鳩について


「世界にひとつのドールを作りたい」
「その子を丸ごと気に入ってくれた方のもとへ送り出したい」

という思いを胸に、
2007年からドールヘッドのカスタムと服の制作を始めました。

自分で考えたデザインをドールの形にしていく過程は難しくも楽しく、
完成した時はとても愛おしい気持ちになります。

一体一体に思いを込めて、丁寧に制作しています。
あなただけのドールを見つけて、お迎えいただけたら幸いです。

ヘッドのカスタムについて

絵の具でアイラインや眉などをペイントし、パステルで頬の赤みやシャドウを入れます。
黒目を含めた目全体をペイントしているものもあります。

時間をかけて、細部まで丁寧にカスタムするよう心がけてきました。
色をのせるたびに生き生きとしていくように感じられるのが好きです。

日常の中、そばに置いておきたくなるような、優しく穏やかな表情のドールを作りたいと思っています。

ドールを作り始めた頃からずっと、美容師の母にカットを教えてもらってきました。
この子に似合うのはどんな髪型かな?と考えながら、カットやセットをしています。

服作りについて

ドールの服はサイズが小さくなるほど人間の服と同じ作り方では作れません。
例えば1/6サイズのドール服を作りたい時も、布の厚みや糸の太さなどは1/6にはならないからです。
サイズごとに作り方に工夫を凝らし、ドールに着せた時にきれいなシルエットになるようにこだわって作っています。

着物については、市松人形のお着物教室に通い、正式な着物の縫い方や柄合わせの方法を学びました。
着物らしさを大事にしつつ、着せ替えしやすくアレンジしています。

色彩検定1級の知識を活かし、全体のまとまり感を大切にしながら、メインの柄布に合わせる裏地や小物の色を選んでいます。

ヘッドと合わせて全体でバランスの取れた服を作るため、 ヘッドのカスタムと同時進行で作っていきます。

キャラクタードールについて

好きなアニメや漫画のキャラクタードールを作ることもあります。

どの素体を組み合わせるのが、1番そのキャラらしさが出せるのか考え、素体を選びます。
平面ならではのキャラクターデザインを、どう立体に落とし込むか、試行錯誤を繰り返していきます。

髪型を似せるために植毛をしたり、生地を染めたり、型紙を何度も作り直したり…

とても手がかかるので、一体作るのに数ヶ月かかることもありますが、
徐々に完成に近づいていくのが感じられて楽しいです。

販売方法について

ヤフオクに月に1〜2回ほど出品しています。
(出品中はリンク先のページに作品が表示されます)

現在は主にMDD・OBヘッドのカスタムと着物の制作しています。
服もセットのワンオフドールとして販売する場合と、ヘッドのみで販売する場合があります。

販売のお知らせはHP/Instagram/Xで行っています。

気に入った子がいた時は覗いていただけると嬉しいです。